HOME > 保険について > 重要人材社内留保の為の保険(積立て保険)

生命保険

重要人材社内留保の為の保険(積立て保険)

マレーシアは日本に比べて平均年齢も若く(2017年で28歳)、経済成長率も5%程度(2018年は5.9%)を維持する伸び盛りの新興国です。保険会社の資産運用先も国内外に未だ多くあり、マレーシアの保険は日本国内の保険に比べて保険金(掛金)に対する補償額や満期返戻額が日本に比べ非常に高いと言うメリットがあります。

またマレーシアの保険制度で、被保険者が死亡した際に

  • 1)速やかに受益者の保険金が払われる(遺言も必要無い)
  • 2)受け取る保険金に関して税金が掛からない

というメリットもあります。以上の点を考慮し、弊社では以下の様なマレーシアの保険を活用をお勧め致します。

重要人材社内留保の為の保険:日系企業様にお勧め!
マレーシアでは日本に比べ人材定着率は低く、日系企業様でも優秀で重要な人材留保に苦労されている所は多いと思います。その様な状況の中、積み立て型生命保険を重要人材留保の為の方法として活用する事が可能です。

具体的な内容としましては、重要人材を被保険者として、会社が積立て型生命保険の契約者及び受取人になります。6年とか10年とか会社がその人材を留保したいとする期間を決め、会社が保険料を支払います。

めでたくその人材が留保したい期間を全うした場合、保険金の受取人を会社からその人材に移管します。もし留保したい期間内にその人材が退社してしまった場合は、会社が受取人なので積み立てが無駄になる事はありません。また会社が払う保険料は従業員の福利厚生と見なされ、経理処理する事も可能で法人の税金対策にもなります。

保険ですので、加入のご年齢、性別、喫煙又は非喫煙、健康状態等で保険料が変わって参ります。掛金は年間最低、RM2,000からとなっております。本保険の関心ある方は下記担当者までお問い合わせ下さい。お見積もりを提出させて頂きます。

Tropical Resort Lifestyle Sdn. Bhd. 松永またはジェニーまで)
電話)+603-7955-8553  メール)yoyaku@tpcl.jp