HOME > ロングステイの魅力 > ライフスタイルのご提案

ライフスタイルのご提案

マレーシア ロングステイの心得(10ヶ条)

第1条
:現地の習慣、ルール、常識を受け入れましょう!同じアジア圏と言えどもマレーシアには日本と違う常識や習慣が沢山あります。日本の常識をそのまま持ち込んでも無理ですし、ストレスが溜まるばかりです。「郷に入れば郷に従え」と言う諺通りです。
第2条
:現地の生活に100%の満足を求めないで、60〜70%程度で満足する様に心掛けましょう!
第3条
:海外で生活する上で、安全、情報、サービスはお金で買うものと言う認識も必要です。日本では安全は当たり前!サービスと情報もただと考え勝ちですが、海外では通用しない常識です。
第4条
:マレーシアに住まわせて頂いていると言う感謝の気持ちが重要です。マレーシアに長期滞在する場合、住民税も払う事無く快適なインフラを享受している事になります。
第5条
:現地で自分が楽しめる趣味、打ち込めるのも、美味しい食事等を見付けましょう!(日本の四季や旬の刺身などを求めても無理です)
第6条
:日本人でも現地人でも良いお友達を現地で作る事は、ロングステイを成功させる大切なポイントです。
第7条
:現地人を信用するのは程々に!マレーシアの人は一般的にフレンドリーで親切です。但し、親切の裏に意図がある場合もあるので全面的な信頼は危険です。50%の信頼と50%のチェック(疑い)と言う意識も必要です。ホテルの部屋での盗難、コンドミニウム内での空き巣の多くは内部スタッフ(守衛や技師など)が関与しています。
第8条
:現地人を見下した行動は止めましょう!後進国の東南アジアだし、経済力も低いと言う事で、現地人を見下した行動や好き勝手な行動を取る日本人も稀に見受けます。その様な行動の結果、現地人から嫌われボイコットされるケースも出て来ます。
第9条
:お金の使い方はバランス感覚を持って! 節約を心掛ける事は良い事ですが、行き過ぎた行動を取っている人も見掛けます。その様な人は現地人からも良識ある他の日本人ロングステヤーからも顰蹙(ひんしゅく)をかい、嫌われる事になります。「お金は稼ぐより使うのが難しい」とも言われますが、お金の使い方に人柄が表れます。
第10条
:楽しむ事以外にも何か生きがいを見付けては如何でしょうか?現地でボランテイア活動等を通じて少しでも現地社会に何らか貢献出来れば、きっとマレーシアでのロングステイもより充実したものになるでしょう!また現地の友人も沢山出来る事でしょう!